WAFを利用して会社を守る〜セキュリティ守備班いらっしゃい!〜

男性

脆弱性を考えたシステム

システム

WAFとはウェブアプリケーションファイアウォールのことであり、アプリケーションの通信を行なう際にでてくる脅威から、守ってくれる働きをしてくれます。最近では導入している企業も増えてきています。

Read More...

活用することで守られる

地球環境の事を考えるならISO14001を取得しましょう。しっかりと問題に取り組めば専門機関から認められ取得できます。

社内の情報共有がスムーズに進みます。文書管理を導入してみて、文書を有効的に活用させておきませんか。事例も豊富です。

システム

パソコンやインターネットは世界中に普及をして、一般家庭から数多くの企業まで、様々な人達に活用されるようになりました。そこでは、データの管理や情報の共有、メールのやりとりや、アプリケーションなどを使った仕事の円滑化など、様々なことが行われています。様々な分野において活用できるようになったことはとても便利なことですが、それと同時に管理の部分が難しくなってきているという現状でもあります。ネットワークが繋がっている以上、誰でも繋がることができる環境でもありますし、そのための防御をおこなっても破られる可能性があるからです。そのため、そういった場合に活用できるウェブアプリケーションファイアウォール、つまりWAFが登場したのです。

WAFは様々な企業で活用されているもので、セキュリティや情報を守るためにあります。導入をする際には本当に導入が必要なのかをしっかり調べて導入する必要があります。そして中にはWAFを導入するのではなく、既存のシステムに対しての改修を考える人もいます。しかしそれは、時間がどこまでかかるかもわかりませんし、WAFを導入するよりも高い費用がかかってくる可能性もあります。そのため、多くの企業WAFが必要になってくるのです。WAFは今後も多くの企業で活用されることが予想されており、欠くことのできない存在になる可能性もあります。また、WAFの導入をしても、その後しっかり診断を行わなければなりません。診断を行なわずに利用をしていると、しっかり活用できているとは言えないので、導入をする際には、WAFの活用方法をしっかり確認しましょう。

適応スタイルに沿って成果を得られる取り組みを行ないましょう。isoコンサルティングは確実に取得できる方法で行なうことが重要です。

脆弱性対策をするなら、こちらが良いですよ。ウイルス感染を防ぐことができるだけではなく、脆弱な端末を除去できます。

活用することのメリット

システム

アプリケーションを守るために在るWAFを利用するのには理由があります。それはアプリケーションそのもののセキュリティ部分を改修することがとてお難しいからです。WAF導入なら手間がかかりません。

Read More...

事前に確認をすべきこと

システム

WAFの導入をする前に、まずは事前に確認が必要なことがあります。それは利用しているウェブアプリケーションの防御がどれ位できるかとうい部分です。また、導入後は定期的な診断も必要になります。

Read More...